1. ホーム
  2. シンクスバンク 「パワポ死」なくせ プレゼン力向上

シンクスバンク 「パワポ死」なくせ プレゼン力向上

2013年06月12日 10時06分

パソコンスクール「KENスクール」を運営するシンクスバンク(東京都千代田区、谷口升太社長)は、プロモーション・コンサルティング会社のシー・レップと共同で、視覚にうったえてよりわかりやすく相手に伝えるための「パワーポイントクリエイター養成講座~Basic~」を6月15日にKENスクール新宿本校で開催する。多くの日本人が苦手とするプレゼンテーションを、パワーポイントを駆使することで世界レベルに引き上げるのが狙い。グローバル化のすすむビジネスシーンで通用する人材・企業を育成し、企業のビジネスを活性化する。

パワーポイントクリエイター養成講座~Basic~

現在の日本では、箇条書きを多用したスライドを順番に言葉で説明するプレゼンが主流。しかし、プレゼンが盛んなアメリカでは、そのようなプレゼンで聞き手が退屈になる現象をDeath by PowerPoint(パワポ死)と呼んでいる。
 
今回の講座はパワポ死にならないような、視覚に訴えかけるプレゼンに主軸を置いたもので、文字や画像、映像、音声、動き、ハイパーリンクなどをプレゼンの観点から見直し、プレゼン能力を向上する。営業企画担当者やマーケター、人事担当者、広報担当者などが対象。

問い合わせはシンクスバンク(KENスクール) 03-6860―1056
ホームページ http://kenschool.jp

(取材・記事:PRリンク)

ソーシャルメディアドライブ
最近では、ソーシャルメディアを使い就職活動を行う(ソー活)という言葉をよく耳にします。しかし正しい使い方ができていない学生が多いため、個人情報流出問題などの問題が発生しています。 「ビジネスや地域おこし活動、そして生活におけるソーシャルメディア活用」を研究・普及促進する団体ソーシャルメディアドライブ。同団体代表である道端俊彦さんは、セミナーや勉強会を開き、ソーシャルメディアの知識や活用法を教えています。 今回は、現在就職活動中の当事者である、北村がお話をうかがいました。

続きを読む>>