1. ホーム
  2. 「攻めのIT経営銘柄」に建設業界から「積水ハウス」選出

「攻めのIT経営銘柄」に建設業界から「積水ハウス」選出

2015年06月16日 15時06分

積水ハウス株式会社(大阪市、阿部俊則社長)は、5月26日、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「攻めのIT経営銘柄」に選ばれた。攻めのIT経営銘柄とは、業務効率化やコスト削減など「守り」が中心のIT投資ではなく、収益や生産性向上を目的とした、戦略的なIT投資を行う優良企業を選定するもの。東証に上場する約3400社が対象で、選ばれたのは18社。積水ハウスは、建設業界で唯一の選定だ。

評価されたのは、コンピューター支援設計ソフト「CAD」の情報活用により、一気通貫を可能にした業務改革。設計ソフトであるCADの、さらなる可能性を提示したとして評価された。ほかにも、業務・システムの標準化、コンテンツ、データの統合により、生産改革や施工の平準化を実現した点、主たる業務処理をモバイル端末で行えるようにしたことなども、生産性向上につながるとして評価された。

日本企業に多い保守的なIT投資と比べると、米国企業はビジネスモデル革新のための「攻めの経営」にITを位置づける傾向が強い。それが、日本企業と米国企業との収益力の差を生む要因だという声もある。
また各工程を連動させ、1邸ごとの情報を一元化するメリットは、生産性の向上だけに留まらない。工程管理を徹底することで納期が短縮され、顧客が待ち望むマイホームをより早く完成させることができ、短時間勤務の実現など、社員の働き方の改革にもつながっている。
積水ハウスは今後も、材料・建材メーカーとのサプライチェーンマネジメント構築や、施工・物流企業との現場IT活用にも取り組む姿勢。

(取材・記事:近藤浩己)

「攻めのIT経営銘柄」選出は、中長期的な視点からの企業価値の向上を重視する投資家にとって、魅力ある企業を紹介する狙いもある
「攻めのIT経営銘柄」選出は、中長期的な視点からの企業価値の向上を重視する投資家にとって、魅力ある企業を紹介する狙いもある

タブレットなどのモバイル端末を有効活用。戦略的なIT活用で、顧客と社員のさらなる満足度アップを目指す
タブレットなどのモバイル端末を有効活用。戦略的なIT活用で、顧客と社員のさらなる満足度アップを目指す

(企業ホームページ)http://www.sekisuihouse.co.jp

ソーシャルメディアドライブ
最近では、ソーシャルメディアを使い就職活動を行う(ソー活)という言葉をよく耳にします。しかし正しい使い方ができていない学生が多いため、個人情報流出問題などの問題が発生しています。 「ビジネスや地域おこし活動、そして生活におけるソーシャルメディア活用」を研究・普及促進する団体ソーシャルメディアドライブ。同団体代表である道端俊彦さんは、セミナーや勉強会を開き、ソーシャルメディアの知識や活用法を教えています。 今回は、現在就職活動中の当事者である、北村がお話をうかがいました。

続きを読む>>