1. ホーム
  2. スポーツジムがぜい肉を買い取る「シェアダイエット」開始

スポーツジムがぜい肉を買い取る「シェアダイエット」開始

2015年08月31日 13時08分

鍼灸接骨院を併設したスポーツジムを運営する株式会社プレビッグ(大阪市、松村裕基代表取締役)は、10月5日から新プログラム「シェアダイエット」をスタートする。グループでダイエットの記録を公開し、減った体重をスポーツジムが買い取るというユニークな仕組みだ。

シェアダイエットでは、5人1組でグループを作り、1ヶ月間、毎朝Facebookの専用ページに体重を投稿。グループ全体で減った体重を合算し、1kg減るごとに5000円のキャッシュバックを受けることができる。上限は5万円(10kg)。
専用トレーナーによる週1回のパーソナルセッションに、筋肉疲労を回復するマッサージも併せて実施。基礎代謝を上げることで、リバウンドの防止をサポートする。

国の医療費増大を受け、経済界や医療界などは7月、民間の日本健康会議を発足。会社が社員の健康増進に投資する「健康経営」の必要性を大きく打ち出した。こうした背景を踏まえ、同社は「社員の健康管理を経営的な視点で考えてもらえるよう、将来的には企業と提携してこのプログラムを実施したい。生活習慣病は、適正な体重を維持することでリスクを下げられると言われている。チームで楽しみながら減量できるシェアダイエットで、働く人の健康維持をサポートしていきたい」としている。

会費は一人月額2万円。9月7日から会員の募集を開始する。


(取材・記事:堀内優子)

マッサージで筋肉疲労を回復。
マッサージで筋肉疲労を回復。

トレーナーによるパーソナルセッション。
トレーナーによるパーソナルセッション。

http://www.you-kenko.com/

ソーシャルメディアドライブ
最近では、ソーシャルメディアを使い就職活動を行う(ソー活)という言葉をよく耳にします。しかし正しい使い方ができていない学生が多いため、個人情報流出問題などの問題が発生しています。 「ビジネスや地域おこし活動、そして生活におけるソーシャルメディア活用」を研究・普及促進する団体ソーシャルメディアドライブ。同団体代表である道端俊彦さんは、セミナーや勉強会を開き、ソーシャルメディアの知識や活用法を教えています。 今回は、現在就職活動中の当事者である、北村がお話をうかがいました。

続きを読む>>